パドックを見る勉強に役に立つ本を紹介します。実際、パドックに関する書籍を探してみますと他の競馬必勝法の本に比べて非常に少ないです。しかも、比較的に文章を書き慣れていない年配の方が書かれた本が多くて非常に読みにくいものばかりでした。そんな中、パドックを勉強する上で私自身が非常に役に立った本のみを紹介します。

 

パドックの勉強で非常に役に立った本リスト

競馬「ここ」に騙されるな!

―飛ぶ人気馬の謎・来る穴馬の秘密

 

 これほど写真とコメントが揃ったパドックの本はないと思います。初心者の方はこれを読んでからパドックに足を運んで欲しいです。新聞やテレビの解説で言われるソエなどの症状などが写真付きで解説されています。

 ただし、この本のタイトルのような「人気馬が飛ぶ」や「来る穴馬」の見分け方のようなものはありません。あくまで基本的なことばかりです。

 

パドックの初心者は是非、読んで欲しい一冊です。

 


"京大式"パドック入門 (競馬王新書)

 パドックから返し馬までの一連の流れで解説をしています。特に著者のパドック理論は脚元に重点を置いているようで、脚元の診断を勉強するうえで非常に役に立ちます。パドックでの取捨選択方法も解説していますので、パドックでどのように馬を見ればよいのかも勉強できます。

 また、G1馬の凡走と快走をパドックの状態で説明しています。G1や重賞予想だけしか馬券を買わない方でも役に立つと思います。

 


馬体革命 立ち写真一枚あれば

馬の適性は全部見える (競馬王新書)

 

 馬体の中の特に繋(つなぎ)に注目して、繋(つなぎ)のついて詳しく書かれています。この繋(つなぎ)から分かることは馬の特性です。繋(つなぎ)ひとつで、その馬が芝馬、ダート馬、短距離馬、長距離馬なのかを見分けることができます。

 繋(つなぎ)は初心者でも見分けやすい部分なので、この本を読んでから新馬戦のパドックで繋(つなぎ)を見れば、苦手な条件で出走する馬を見分けて切ることができるようになります。

   
   

 

 



ホーム