初めてパドックを見た方でも分かる危険なサインを紹介します。本命にしていた馬がこのようなサインを出していたら評価を下げたほうがよいと思います。

 

 

馬っ気(うまっけ)

春先から夏(3月から7月くらい)にかけてなどによくある現象ですが、パドックの周回中に前にいる牝馬に牡馬が発情して男性のシンボルが大きくなった状態。「馬並み」っと言う大きいことを意味する言葉があるようにかなり大きいです。写真でも一度ご確認ください。そのことから馬っ気が出た場合はパドックですぐに確認することができます。馬っ気が出た馬はこれから始まるレースに集中できたいないことからマイナス材料になります。ただし、すぐに正常な状態に戻った場合は、それほどのマイナス材料にはなりません。

 

フケ

「フケ」とは、牝馬が性的な興奮をしている時のことです。牡馬で言う「馬っ気」とおなじです。しかし、よくないことは一頭がフケになってしまうとフケは伝染します。それに牡馬の馬っ気よりもマイナス材料になります。また、フケであるかどうかを判断には牡馬の馬っ気を見つけるよりも難しいです。膣か分泌物が出て尿道辺りが腫れているので、しっぽを上げて見れば分かるのですが、パドックではそう言ったことはできません。ほかの特徴としてフケになるとしっぽを左右に柔らかくふわっとした感じで振ります。虫よけのためや汗をかいたときもしっぽを振るますが、この場合はしっぽの振り方が力強いので一度注意して見れば違いがわかるようになります。パドックで牡馬の前でふんわりと左右にしっぽを振る牝馬がいれば注意です。数日前からフケになる馬もいれば、その日にフケになる馬もいます。また、オークスのような牝馬限定戦でもフケは見かけられます。そういった意味でも、パドックでフケを見抜くことができれば、

 

 

脚元

馬の体重は500kg程度なので、1本の細い脚に100kg以上の体重を支えていることになります。その脚で時速70km/hの速度で走るので負担は。そのことから競走馬の脚の疾病は非常に多く、ちょっとした疾病がレースに支障をきたします。脚元に何らかの故障を見つけたらマイナス材料です。

 

例えば、横の写真の後ろ脚をご覧下さい。パドックでこのように脚元を保護している馬を見たことはありますか?このように脚を保護しているのは、休むまでもないけれど脚元に故障をきたしているということです。ようするに脚元に爆弾を抱えているということです。もちろんこれはマイナス材料です。

 

他にもパドックで脚元を注意深く観察していますと、疾病が色々と見えてきます。そういうものを見つければより高配当の馬券を得ることができるようになります。

 



ホーム